家解体費用相場

家解体費用の相場を知って安く工事をしたいならここを見てください

家の解体費用の相場を知らないと解体費用を安くできません。

 

家の解体費用を安くするためには、1社の見積もりで判断するのではなく数社の見積もりを見るべきです。

 

その差が何十万となるときもありますのでぜひ利用してください。

 

家,解体,費用,相場,安く

 

家の解体費用を安くするには、一括見積もりがネットから簡単にできるので便利です。

 

★解体見積もサービスランキング

解体見積もりお助け隊

家,解体,費用,相場,安く


解体工事の優良業者の無料一括見積もの解体見積もりお助け隊です。
厳選された優良業者を最大3社の見積もりがもらえます。


無料見積もりの依頼はネットから簡単にできます。


>>解体見積もりお助け隊の一括見積もりはこちら


解体無料見積もりガイド


年間4800件以上のの実績を持つ解体無料見積もりガイド。


こちらも全国600以上の解体業者から最大3社の見積もりがゲットできます。


現地見積もりも最短日で可能!


>>解体無料見積もりガイドはこちら



解体サポート

解体サポートも解体工事の一括見積もりです。


>>解体サポートのページはこちら


 

このページの目次

家解体費用は業者によってかなりの差がある

〇解体費用の相場はあてにならない?!
家,解体,費用,相場,安く
家の解体は一生で何度も必要になる出来事ではないため、専門家でもない限り知識が豊富にあるわけではありません。

 

解体費用の相場は全国平均で一坪3.5万円(木造の目安。鉄骨造、鉄筋コンクリート造ならさらに高い)で、一般的な住宅でも規模によっては百万円以上の費用が掛かり決して安くはありません。

 

解体する家の坪数によって解体費用がある程度は計算できますが、一例として下記のような条件があるとさらに費用が変わってきます。

 

家,解体,費用,相場,安く解体業者の得意・不得意→木造解体を得意とする業者や苦手とする業者など様々で、よく調べず苦手な業者に依頼してしまうと費用が高くなる

 

家,解体,費用,相場,安く近所の解体業者を選ぶ→解体費用は地域によってかなりの違いがあり、少し離れた地域の解体業者を選んだ方が安くなるケースもある

 

家,解体,費用,相場,安く廃棄物の処理→処理を全て業者に任せてしまうと処理費用がかかる

 

家,解体,費用,相場,安く居住環境→住宅密集地の場合。重機が使えず全て職人の手で解体する場合や重機の出入りに警備員を雇う場合に費用がかかる

 

中には「よく分からないから全部業者任せでいい」という人もいますが、業者によって単価が1万円程違うこともあり、この相場は“あってないようなもの”という人もいるほどです。

 

解体する面積が大きくなればなるほどその金額差は大きくなり数十万から数百万円の差にもなりかねません。

 

だからこそ業者選びはより慎重に行わなければならず、複数の業者の見積もりをとって比較することが大切です。

 

もし解体後に新築するなら、節約して浮いたお金を新築のための費用に回せるといいですね。

 

家,解体,費用,相場,安く

 

家解体金額を安くするためには

では、家の解体費用を安くするにはどんな方法があるのでしょうか。

 

よほど専門家でもない限り、一般人だとよく分からない家の解体費用。

 

家の大きさなど条件によっては費用が何百万円にもなることは知っていますか?

 

ほとんどの人が初めての経験で「見積もりをとって提示金額にびっくり」という人が多いのですが、この費用は工夫次第でかなり抑えることができます。いくつかのポイントを紹介します。

 

〇解体が得意な業者を選ぶ

 

日本国内の解体業者の数は多けれども、在籍する職人のこれまでの経験、どんな重機を持っているかなどの条件により木造建築の解体を得意とする業者や鉄骨建築の解体を得意とする業者があります。

 

当然得意なところを選べば工期も短縮でき、費用を抑えることができます。

 

〇工事実績は要チェック

 

解体業者のホームページにこれまで(もしくは年間)どれくらい施工をしてきたか、実績を記載している所は多いです。

 

当然この数が多ければ経験豊富な職人と優秀な機材を保有していることになり、そうでない所と比べると工期を短縮できるはずです。

 

〇できるだけ廃棄物は処分しておく

 

家具、布団、電化製品など大型の廃棄物は依頼すれば解体工事の時に全て業者が処分してくれます。しかしその量が多ければ処分費用が何十万円にもなることもあり費用がかさむ一方、自分で処分すればこれほどまではかかりません。

 

解体工事までにできるだけ自分で処分しておくことをおすすめします。

 

〇建て替える場合、自分で業者を依頼する

 

古い家を解体して建て替えるという人は少なくありません。住宅施工会社に依頼すれば解体業者を紹介してもらえますが、紹介手数料を支払わなければなりません。

 

目安として手数料は解体費用の10%程度、できれば自分で業者に依頼して手数料は節約することをおすすめします。

 

家,解体,費用,相場,安く

 

家解体して更地にする値段

 

家,解体,費用,相場,安く家を更地にする際に知っておきたいこと

 

「他の場所で家を新築する予定がある」という場合、今の土地は住宅付きで売るか、更地にして売るか迷いますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

まず知っておきたいのは家の解体工事をすれば更地の状態にしてもらえます。

 

また古い家(目安として建物の価値がなくなる築20年を超えているもの)は建物付きよりも更地の方が買い手がつきやすいです。

 

古い家をそのまま放置しておけばさらに劣化し、ちょっとした風で壁や屋根が飛び散って周囲の家に迷惑をかけたり、放火や不法投棄などのリスクもあるため、更地にして売却した方がいいです。

 

一方で土地を所有する上で気になる固定資産税は土地付きよりも更地の方が高くなります。

 

更地にするために規模によっては100万円以上(木造の一般的な家屋。鉄筋コンクリート造なら200万円を超えることもある)の解体費用が掛かる上、いつまでも土地が売却できないと固定資産税を払い続けなければならないため、慎重に判断しなければなりません。

 

家,解体,費用,相場,安く解体費用は節約できる

 

もし更地にして売りに出す場合、売却条件に「更地で渡せます」というような条件をつけておけば、解体費用を買い手にある程度出してもらう方法があります。

 

また冬〜春は比較的解体業者にとっても閑散期にあたるため、この時期に解体をすれば費用を抑えられます。

 

さらに自治体で古い建物を解体する場合の費用を助成してくれるところもあるので、一度確認しましょう。

 

いずれにしても知識のない人には判断するのは難しいため、不動産会社に相談して適切なアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

家,解体,費用,相場,安く

 

解体業者の相場を知るには一括見積もりで!安くできる

〇解体費用が心配なら一括見積で相場を比べよう

 

家の解体費用は同じ地域でも業者によってかなりの違いがあり、相場はあってもあまりあてになりません。

 

そもそも専門家でもない限り知識はほとんどないため、何をポイントに業者を選んだらいいか分からないと思います。

 

一番簡単なのはインターネットの“一括見積サイト”を利用してみてはいかがでしょうか?

 

一括見積サイトは文字通り、サイトを運営する企業が選んだ業者から依頼者の条件にできるだけ合う業者が選ばれて見積書をもらえるサービスで、居住地域の解体費用の相場を知ることができます。

 

サイトに登録されている業者は厳しい条件を通過した所ばかりで、安心して利用できます。

 

サイトを利用する上では個人情報を提供することになりますが、実際に業者をいくつか決めるまでは業者から連絡がくる心配はないため「勧誘されたら断れない!」という人でも安心です。

 

ちなみに価格見積サイトはいくつもありますが、完全無料で見積もり後の価格交渉やアフターフォローまでしてくれるところもあります。

 

業者決定後の面倒な諸手続きも分からないことは丁寧にアドバイスしてくれる、頼もしい味方になってくれるはずです。

 

〇家解体一括見積サイトおすすめ
家,解体,費用,相場,安く解体無料見積もりガイド・・・サイトを通した年間の施工実績は5,000件以上。利用者の中には他社と比べて40万円ほど節約できた例もあり
http://www.kaitai-guide.net/asp/

 

 

解体工事の匠・・・工事終了まで専任スタッフがすべて対応。業者が気に入らない場合の断り交渉をしてくれる

 

 

解体サポート全国版・・・利用者満足度97%。「解体費用の安さにハウスメーカーさんが驚いた」という口コミが印象的
http://www.kaitai-kansai.com/

 

木造住宅・鉄骨家屋・RC家屋の解体費の坪単価(首都圏・都市部・地方都市・過疎地)

家の解体費用は地域や造りによって、一坪あたりの単価が違ってきます。地域別に目安となる一坪あたりの相場を紹介します。

 

〇首都圏
・木造  3万5千円
・鉄骨  4万円
・RC   4万5千円

 

〇都市部
・木造  3万円
・鉄骨  4万円
・RC  4万5千円

 

〇地方都市
・木造  2万5千円
・鉄骨  3万円5千円
・RC  3万円

 

〇過疎地
・木造  2万円
・鉄骨  2万円
・RC  2万円5千円

 

見てもわかるように首都圏と過疎地では同じ造りでも1.5倍ほど違います。

 

人件費はもちろん、廃棄物の処理費用や住宅密集度も違うため単価が違ってくるのはやむを得ません。

 

またどこの地域でも木造より頑丈なRC(鉄筋コンクリート造)の方が単価が高くなりますが、同じ造りでも広い家ほどこの単価は安くなり、10坪以下の家では単価を最も高く設定している所がほとんどです。

 

そして一番気になるのが同じ地域でも解体業者によって単価が違うこと。

 

業者によって得意分野(木造家屋の解体が得意、鉄骨家屋の解体が得意など)があるためやむを得ませんが、単価が2万円から4万円もかわってくることがあり、業者を簡単に決めてしまうとかなり損をしてしまうことがあります。

 

つまり上で紹介した金額は“あくまで参考程度”であることが分かっていただけたのではないでしょうか?

 

上記の他に廃棄物の処理費用や工事の時期、アスベストの有無など考慮しなければならないことはいくつもあります。

 

解体費用がどれくらいになるのかを知りたい場合、いくつかの業者に見積もりを出してもらい比べることが一番の目安になります。

 

 

家の解体工事の追加工事と追加費用

家の解体工事は業者ごとに“坪あたりいくら”と単価が決められているため、自分でおおよその費用は計算できますが、後で思わぬ追加工事と費用が発生するケースがあります。その一例を見てみます。

 

地中埋蔵物の撤去
井戸や浄化槽などあらかじめ分かっているものは埋め戻しや撤去が必要です。

 

それぞれの規模にもよりますが費用は10万円程が目安です。

 

またコンクリートがれきやブラウン管テレビ、ひどい場合には不発弾など、解体工事で思わぬ地中埋蔵物が見つかるケースが全体の1割ほどあり、撤去と廃棄のための費用がかかります。

 

アスベスト含有の建物の解体
特に古い建物に使われていて、放置しておけば肺がんなど健康に害を及ぼす可能性のあるアスベストを含むがれきは専門の作業員の作業で適切な方法で処分しなければなりません。

 

費用は使われている場所や量によっては最大50万円ほどかかります。

 

誰でも解体費用はできるだけ抑えたいものですが、このような追加工事が発生して「こんなはずじゃなかった」というケースは少なくありません。

 

また見積もりの時点で驚くほど安い金額を提示し、後でとてつもない追加費用を請求する悪徳業者も存在します。

 

見積もりには「追加費用が掛かる可能性あり」という旨が書かれているはずなので、特に地中埋蔵物があった場合どれくらいの費用がかかるのかを聞いた上で納得できたら契約しましょう。

 

もし見つかった場合には作業する前に報告してもらうことも忘れずにお願いすることも大切です。

 

安心の解体業者の中から数社の見積もりがもらえる一括見積もりはこちら↓

 

よい解体業者の条件とは

家の解体工事をいかに安く、安全に、そして近隣とのトラブルもなく終えるためには優良な解体業者を選ばなければなりません。こんな業者なら安心して利用できます。

ごみ屋敷

〇許認可を受けている

 

当たり前のことですが、解体業者を運営する際には自治体の許可を受けなければなりません。

 

本来なら契約時に許可番号を提示してくれますが、何もしてくれない所もあります。また過去に法律違反になる行為をしていないかなども役所に問い合わせれば教えてもらえます。

 

〇追加費用が発生しないか

 

悪徳解体業者で一番多いのが多額の追加費用が発生するケースです。

 

優良な解体業者であれば見積書で項目ごとに詳しく金額が提示されているはずですが「〇〇一式いくら」のような大雑把な書き方だと後で追加費用を請求される可能性もあるため注意が必要です。

 

もし追加費用が発生しても最大いくらかを見積もりの時点で確認しておくこともおすすめします。

 

〇優良業者選びは自分では難しい

 

専門家でもない限り解体工事に慣れている人はおらず、優良な解体業者を選ぶのは難しいです。そこでおすすめしたいのがインターネットの“一括見積りサイト”。

 

サイトはいくつもありますが、全ての機能を無料で使え、選び抜かれた業者から条件に合う所の見積もりを複数社もらえます。

 

もし見積もり価格が気に入らない場合は値下げ交渉を行ってくれたり、アフターフォローサービスが充実しているサイトもあります。

 

一括見積もりサイトを利用すれば業者をある程度絞るまで連絡がくる心配もありません。

 

心配な人はぜひ利用することをおすすめします。

 

〇家解体一括見積サイトおすすめ
家,解体,費用,相場,安く解体無料見積もりガイド・・・サイトを通した年間の施工実績は5,000件以上。利用者の中には他社と比べて40万円ほど節約できた例もあり
http://www.kaitai-guide.net/asp/

 

 

解体工事の匠・・・工事終了まで専任スタッフがすべて対応。業者が気に入らない場合の断り交渉をしてくれる

 

 

解体サポート全国版・・・利用者満足度97%。「解体費用の安さにハウスメーカーさんが驚いた」という口コミが印象的
http://www.kaitai-kansai.com/

 

こんな解体業者はおすすめできない

日本全国に解体業者は8,000社ほどありますが、すべてが優良業者かと言えばそうではありません。詐欺や近隣トラブル悪化などの被害に合わないためにもこれから紹介する例にあてはまる解体業者は注意しましょう。

 

中には契約して解体工事が始まってから気づくケースもあり、このような場合は地域の消費生活センターや弁護士に相談すれば対応をアドバイスしてもらえます。

 

〇見積もりがあまりにも安い

 

地域にもよりますが、解体費用の相場は木造住宅だと一坪あたり3.5万円。

 

鉄骨やRC(鉄筋コンクリート造)ならこれよりも1万円程高くなり解体費用がある程度計算できますが、あまりにも安すぎる場合には後で驚くほど高い追加費用を請求される可能性があります。

 

ちなみに解体工事に関するトラブルで全国の消費生活センターなどに寄せられている相談で一番多いのがこのケースです。

 

〇「日本全国どこでもOK」と謳う

 

「対応エリア〇県、×県」と指定せず「日本全国どこでもOK」と謳う業者は下請けへ工事を丸投げしているといっても過言ではありません。

 

依頼主の要望がしっかりと伝達されず、後で「言った、言ってない」のトラブルになる可能性が高いです。

 

〇近隣への挨拶にいかない これ重要!!

 

解体工事前の近隣への挨拶はトラブルを避けるためにも欠かせません。

 

基本的に解体業者と施工主で挨拶に行きますが、まったく出向く気配がなかったり、出向いてもポストに名刺やちらしを入れる程度ではトラブル発生時に問題がさらに大きくなる可能性があるため契約はおすすめできません。

 

 

家の解体工事の流れ

家の解体工事は業者と契約、どのような流れで進んでいくのでしょうか?トラブル防止のためにも全てを業者任せにするのではなく、これから紹介する流れは把握しておきましょう。

 

近所へのあいさつ

 

工事期間中は騒音やほこりなど近隣に迷惑がかかるため、一言あいさつをしておくのがマナーです。

 

一般的に挨拶は業者と施工主の両方で行います。

 

ライフラインを停止する
ガス・電気・インターネットなどのライフラインを着工日までに停止しなければならず、申請が必要です。

 

ただし水道は工事で必要になるケースが多いため事前に確認しましょう。

 

施工
工事の前に電線やメーター類を撤去後、必要に応じて足場が組まれます。

 

同時に家の中の廃棄物を手作業で取り出してから解体工事に入ります。

 

解体は重機や職人の手で行われ、建物解体後は重機で基礎部分を撤去します。

 

工事で出た廃棄物は分別し業者によって廃棄されます。

 

最後に地中に余計な埋蔵物がないか確認が行われ、最後に土地を平らにして工事は完了です。解体後に土地を駐車場にする場合はコンクリートやアスファルトで工事を行います。

 

最終確認

 

業者と施工主立ち合いのもと、廃棄物が残っていないか、契約書通りに工事が進んだか現地で確認をします。

 

家,解体,費用,相場,安く

もちろんこの流れは業者によって違うため、契約後に流れをしっかりお説明してくれる業者なら安心して利用できるはずです。

 

ちなみに一般的な家なら解体工事の期間は4日程度から長くて1週間程度です。

 

工事完了後のトラブルを避けるためにも1日1回程度現場に足を運び、写真を撮っておく方法もおすすめです。

 

家,解体,費用,相場,安く

 

解体工事の事前調査

物件を立てたり壊したりする建築工事でもっともクレームや苦情が発生するのは、解体工事の時です。

 

それは近隣に振動・騒音・粉塵といった苦情が出やすいものが全部そろっています。

 

それだけに解体現場の事前調査は重要なのです。

 

近隣とのトラブル防止のための事前調査は必須

 

解体工事を行う前“事前調査”が必ず必要です。対象はRC(鉄筋コンクリート造)家屋か、ビルやマンションなど大型の建物、もしくは住宅密集地にある木造家屋です。

 

これらは解体工事の影響で周囲の住宅を破損させるなど迷惑をかける可能性があるためで、万が一発生した場合にその原因が本当に解体工事かを証明するための調査です。

 

事前調査の相場は3万円程度、作業員2人程度で1日かけ、写真撮影や測量、近隣住民への聞き取り調査などが行われます。

 

ちなみに解体工事を経験した人からこのような体験談が多く寄せられています。

 

「近隣住民から解体工事の影響で家の壁にひびが入ったというクレームがありました。業者も責任を逃れるばかり、結局修理費用をこちらで負担することに」

 

事前調査の費用の3万円が高いと思うかもしれません。

 

法律で義務付けられているわけではないため絶対必須ではありませんが、調査をせずに後でトラブルが起こると確実に3万円以上の追加費用が発生するため、絶対に行うことをおすすめします。

 

アスベスト事前調査も必須

 

過去に建てられた建物の中には肺がんの原因となるアスベストが使われているものがあります。解体工事の際にアスベストが飛散すれば工事業者はもちろん、近隣住民にも健康被害が得る可能性があるため特別な工事が必要でそのための費用もかかります。しかし自治体によっては工事費用を助成してくれるところもあり、正しい手続きをするためにも事前調査は必ずお願いしましょう。